忍者ブログ
 ついさっき、DQ2ゲームブックアンソロ「1オンスのロマンス」の原稿をメールで送ってきました~。
 題名はRoundabout、エニグマの好きな曲からです。

 八月は予定がどんどんずれ込んだせいで大変でしたが、これでどうにかDQ20周年祝いにほんのり参加することが出来たと言えそうです。

 実は10月のロト祭は行けるかちょっと怪しくなってきたんですが、どうなるにせよ、これからDQ2書下ろしに集中して仕上げて、それからエピシーン、カリスマ兄弟短編の順に書いていこうと思ってます。

 ていうか久々に小説を書きあげたのですが、よくこんな作業を短期間でこなしてたな>数ヶ月前までのわたし

拍手[0回]

PR

 ロト祭で発行予定のDQ2ゲームブックアンソロのサイトを、主催のMOMOさんが作ってくださいました~。
 絵師・なまさんの美麗なイラストに鼻血が出るかと思いましたもうマジで。

 http://www3.to/dq2gb
からどうぞ♪

 前にもここで書きましたように、私はサマ←ムンなお話(書き下ろし)を寄稿させていただく予定でっす。


 やばいっす…「小説書きは疲れるから、もういいや」なムードだったのに、久々にネタ帳を読み返したら「やっぱり全部完成させたい」とか無謀な意欲がむくむくと。
 その前に本職の原稿二本を何とかしろという話ですが。。。

拍手[0回]

 数ヶ月前にほぼ書き上げたゲームブックアンソロ原稿から抜粋ですー。
 カイン(サマルトリアの王子)←ナナ(ムーンたん)なお話。
 実はまだタイトルがさっぱり決まってなかったり。。。
 さておき。




 「どーしたんだよ、ナナ?」

 カインが肘をつついて耳打ちしてくる。手にしていた扇子で口元を覆うと、あたしは素っ気無く「どうもしないわよ」と答えてみせた。

 「どうもしない、だって?…退屈が服着て歩いてるって顔してるぜ、お前?」

 「ええ、退屈よ。でも仕方ないわ。このまま誰かと結婚して、国を治めて--。そんな退屈の連続があたしの今後の人生なのよ。」

 「…おいおい。それが花婿選びの夜にお姫様が口にする言葉かよ?」

 「好きな人がいても仕方ないわ。」

 「いるのかよ!?」

 あたしの言葉に、カインはわざとらしく動揺する。

 「何よ?あんたには関係ないことでしょ。どうせ勝算はないんだから、とっくに諦めてるわよ。」

 「ああ--。まあ、そう気にするなよ。別にミリアのほうがナナより美人ってわけじゃねーぜ?ただ、好みは人それぞれってだけだからさ。」

 勝手にローレシアの王子だと誤解してる。ああ、本当に鈍い男。

 「…あんたもからかいに来たの?冷やかしならお断りよ。」

 「おいおい、おれがナナにプロポーズに来たってどうして考えられないのかね?」

 「何言ってるの!?冗談にしては笑えないわよ!?」

 きっと睨むと、カインはあたしの肩に置こうとしていた手を引っ込めた。「…おっと。」と気まずそうに呟く。

 こうやって、旅をしていた頃のような気安さで接するのはもう止めてほしい。変な期待をしてしまいそうだから。

 

拍手[0回]

プロフィール
HN:
ろーれる
性別:
非公開
職業:
腐女子(最近カミングアウト)
趣味:
ゲームと読書
自己紹介:
サイト「Merlin's Isle of Gramarye」関連の連絡と萌え語りの場になるかと。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[02/05 ろーれる]
[02/03 白髭狂信者]
[01/27 ろーれる]
[01/11 白髭狂信者]
[01/05 ろーれる]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Powered by 忍者ブログ & [PR]